(一社)千葉県臨床工学技士会

臨床工学技士とは?


病院では、人工呼吸器、人工心肺装置、モニタ機器、血液浄化装置など多くの医療機器が使われています。

これらの装置を「生命維持管理装置」といい、その操作および保守点検を業務とする職種が臨床工学技士です。

医療現場では唯一医学と工学の知識を兼ね備えた医療技術者であり、1988年に国家資格として誕生しました。

現在、全国で2万人以上の臨床工学技士が活躍し、病院内で使用するほとんどの医療機器に関わっています。






臨床工学技士免許を取得してから、

より高い専門性を求めるための資格として

・血液浄化専門臨床工学技士

・ペースメーカ関連専門臨床工学技士

        (社)日本臨床工学技士会認定制度

・透析技術認定士

・臨床ME専門認定士

・3学会合同呼吸療法認定士

・体外循環技術認定士

・臨床高気圧酸素治療技師

・日本アフェレシス学会認定技士

・人工心臓管理技術認定士

・医療情報技師

                などがあります。




ページの先頭へ