(一社)千葉県臨床工学技士会

医療安全委員会


委員長:堀 和芳
委員:石丸昌志 山口裕伸 

●活動目的
生命維持管理装置をはじめとする、ME機器の適正な使用や管理、他職種に対する教育は、臨床工学技士の重要な任務である。それらの機器を使用して行われる医療が安全に実施できるように、医療安全情報や事故事例情報などを共有化できる場を提供し、安全確保や事故防止を推進する。

●活動計画
1.災害対策委員会と協力し、リスクマネージメントに関する勉強会を、年度内に1回開催する。
2.医療安全に関する情報を多角的に収集し、会員に情報提供を行う。
 ①医療安全に関して重要な情報を発信している専門機関の情報や通知を収集する。
 ②各種メディアの医療安全に関する情報を収集する。
 ③学術誌や専門誌に掲載された医療安全に関する研究や活動報告の情報を収集する。
3.医療安全に関する情報を提供する。
  収集した医療安全に関する情報などを、ホームページ、会誌に掲載し、会員に提供する。
4・『県民の健康と医療安全を推進する』計画として臨床工学技士不在病院に勤務する看護師への輸液・シリンジポンプ講習を看護協会に働きかける。
5. “安全な人工呼吸器回路の提言”を日本臨床工学技士会の指示のもとに更に啓蒙させる。

2. 報告制度

・医療機器安全性情報報告書

4. 添付文書情報 こちらから

5. 安全対策ニュース こちらから

Facebook はじめました。